眼精疲労なら淀川区十三で口コミ人気のばらんす整骨院・整体院

受付時間

ばらんす骨盤整骨院 0120-864-103

眼精疲労

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 目の奥が疲れている感じがする
  • 目がかすんだり乾いたりし、目薬が手放せない
  • 近くもしくは遠くが見づらくピントが合いづらい
  • 光がちらつくことがある
  • 目の疲れだけでなく、肩こり・倦怠感・頭痛・めまい・吐き気がある

眼精疲労とは?|淀川区十三 ばらんす骨盤整骨院

眼精疲労ということばを聞いたことがありますか?目の悩みを抱えている方がインターネットで調べると、一度は目にするワードだと思います。

スマホやPCの操作、自動車の運転、読書など日常的な目の使い過ぎによって眼球を動かす筋肉(外眼筋)が凝り固まってしまうのが眼精疲労です。

それによって、ドライアイといった目に関わる症状に加え、頭痛・肩こり・首の痛みなどの全身症状をも引き起こします。

軽い疲れ目であればしっかりと休眠をとれば回復しますが、外眼筋が凝り固まってしまい全身症状に繋がれば、自然に回復することが難しくなってしまいます。眼が原因で全身の不調を引き起こすのが、眼精疲労のやっかいなところです。眼の不調・全身の不調は、体だけでなく精神的な負担にもなり得ます。早期に改善することが望ましいです。

眼精疲労の症状とは?|淀川区十三 ばらんす骨盤整骨院

眼精疲労にはさまざまなタイプが存在します。

知っているようで知らない、眼精疲労を引き起こす原因やタイプについて解説させていただきます。

症状1.調節性眼精疲労

近視や遠視、乱視など見え方が原因で起こるタイプの眼精疲労です。眼が見えづらいために、見たいところをフォーカスする“ピント調節機能”を酷使したために起こります。どの遭っていないメガネ・コンタクトを使用し続けることも原因となります。

症状2.筋性眼精疲労

斜視のような、目の筋肉の働きによって引き起こされるタイプの眼精疲労です。斜視によって左右の眼球の動きがズレてしまい、いざ“見よう”とすると、通常よりも余計な力を使わなくてはならなくなり、筋肉が疲れてしまうことで起こります。それに伴い、目だけではなく体に疲れや不調をもたらすことがあります。

症状3.不等像性眼精疲労

左右の視力に大きなギャップがある場合に起こるタイプの眼精疲労です。左右の視力が大きく異なり、左目と右目から入力された情報が違い過ぎるために、脳が上手く情報処理できずに、目の疲れや痛み、頭痛などに繋がります。

症状4.神経性眼精疲労

目に異常はないものの、心的ストレスが原因で、目や体の疲れを引き起こすタイプの眼精疲労です。心的ストレスはもちろん、睡眠不足や過労なども原因となります。

症状5.症候性眼精疲労

目に関わる病気(白内障や緑内障、角膜炎など)や全身の病気により引き起こされるタイプの眼精疲労です。眼と関係ないと思っていた病気が、実は眼精疲労を引き起こしていたというケースもあります。

当院の眼精疲労改善方法|淀川区十三 ばらんす骨盤整骨院

眼精疲労を改善するための一般的な方法は以下の通りです。
● ビタミンB製剤の目薬を使用する
● 十分な睡眠で目を休ませる
● 眼鏡やコンタクトレンズの度数の見直し・調整
● 目の酷使・ブルーライトを避ける(運動や散歩、ジョギングなど)
● 目の周辺をマッサージする
● 目をつぶって蒸しタオルなどで温める
● エアコンやヒーターの風が直接当たらないよう配慮する

自分でできる“セルフケア”をご紹介させていただきましたが、これはいわばその場しのぎの方法でしかありません。眼精疲労を引き起こす本当の原因は、目を酷使することによる自律神経の不調なのです。その不調を根本から改善しなくては、また目が疲れて身体の調子が悪くなって…という無限ループに陥ってしまいます。そこで、当院では眼精疲労を根本から改善するための5つのステップを実施しています。

1、ヒアリング

体の症状や患者様のお困りのことについて、ヒアリングにてしっかりと把握させていただきます。

当院では患者様について知ることを大切にしています。

2、検査

ヒアリングで大まかな情報をいただいた後は、痛みを引き起こしている原因を思われる部分を動かしたり、伸ばしたりする徒手検査や姿勢分析によって患者さんの体の状態をしっかりと把握させていただきます。

その際併せて、骨格のズレや、首・肩の歪みも診させていただきます。

3、説明

ヒアリング・検査で得た情報を整理し、治療方針や患者様の悩みや不安が解決できるかを説明させていただきます。

痛みの強さや不調の具合によっては、すぐに施術へうつらせていただきます。

4、施術

『柔道整復師』という国家資格を持つスペシャリストが、痛みを感じる部分だけでなく、足から骨盤、背骨、腕、首と身体全体の歪みを矯正していきます。

①筋肉へのアプローチ ②骨格へのアプローチ ③頭蓋骨へのアプローチを行うことで、眼精疲労を改善させます。バキバキと音を鳴らすような矯正ではなく、ソフトな矯正術で歪みを整えていきます。

マニュアルに沿った施術ではなく、一人ひとりの身体の状態に合わせた、オーダーメイド施術です。痛みや身体の状態によっては、はり灸も行います。歪みだけでなく、筋肉・筋膜の硬さ、インナーマッスルの弱りも視野に入れ、先々を見据えた施術を提供いたします。

5、治療計画

当院は、施術が終われば全てが終了という一方的な終わり方はしません。

施術後は、痛みの原因は何だったのか、姿勢を乱すクセ、どんな施術をどれくらいの頻度で行っていくのが良いのか、ご説明させていただきます。

また、ご家庭で行うセルフケア・トレーニングについてもご助言させていただきます。施術と同様に、患者様一人ひとりに合わせたオーダーメイドの施術プランを提案させていただきます。

淀川区十三のばらんす骨盤整骨院の施術は、体に痛みや負担をかけることなく受けることが可能です。そのため、お子様からご高齢の方まで安心してご利用いただけます。眼精疲労に悩んでいるという方は、ぜひ一度当院にご相談下さい。

お問い合わせ

ばらんす骨盤整骨院

外観

0120-864-103

住所
大阪市淀川区十三本町1-13-12
診察時間
午前 9:00~12:00
午後 15:00~19:30
※土曜日は午前診(9:00~13:00)のみ

受付時間

ばらんす骨盤整骨院

外観

0120-862-550

住所
兵庫県尼崎市神田中通4-88-2
診察時間
午前 9:00~12:00
午後 15:00~19:30
※土曜日は午前診(9:00~13:00)のみ

受付時間