ぎっくり腰なら淀川区十三で口コミ人気のばらんす整骨院・整体院

受付時間

ばらんす骨盤整骨院 0120-864-103

ぎっくり腰

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰が伸びない
  • 朝起きると腰が痛くて動かない
  • 靴下を履くのがつらい
  • 何回もぎっくり腰になっている
  • 仕事に行くのがつらい

ぎっくり腰はなぜ起こるのでしょうか?|淀川区十三 ばらんす骨盤整骨院

ぎっくり腰とは腰の筋肉が負傷した(傷ついた)状態です。足を捻挫すると立てなくなります。ぎっくり腰は腰の捻挫のような状態なんです。

筋肉が負傷すると、炎症が起こります。炎症が怒ると、ズキズキとして、熱くなったり、その部分に体重がかけられなくなります。

ぎっくり腰になると多くの場合・・・
1、立てなくなる
2、座れなくなる
3、腰が伸びない
4、朝がつらい

しかし、シップを貼る・マッサージをする・痛みどめを飲む、これらは一時しのぎです。

ぎっくり腰の原因|淀川区十三 ばらんす骨盤整骨院

①姿勢が悪い

姿勢が悪いと、腰にかかる負担が大きくなります。
「反り腰」や「猫背」はぎっくり腰の大きな原因の1つです。

②体のゆがみ

体がゆがんでいると、重心が偏ります。
骨盤のゆがみや、背骨のゆがみもぎっくり腰の原因です。

③ストレス

精神的な疲れやは自律神経を乱し、内臓の疲労を引き起こします。
実は骨や、筋肉だけではなく、内臓も腰を支えています。
この内臓が疲れると、ぎっくり腰を引き起こすと考えられています。

ぎっくり腰の痛みが治らない・悪化する理由|淀川区十三 ばらんす骨盤整骨院

お風呂に入るのは逆効果。その場は楽になったような気がしますが、余計に炎症がひどくなり、症状が長引きます。多くの方が腰の痛みにだけ見てしまっています。確かにそこが気になるのは分ります。

しかし、それでは根本の改善されていない限り、同じことの繰り返しになってしまうのです。

よく言われるぎっくり腰の原因は「急な動きをした時」「ふと顔を洗うとき」「前かがみなろうとして」「重いものを持とうとして」このように挙げたものはぎっくり腰の原因になります。

しかし、同じような事をしても痛める人と痛めない人がいますよね。この違いが大事なんです。

ぎっくり腰になられる方は歪んでいます。ほとんどの方は体が歪み、腰にかかる負担が大きくなっているのです。姿勢が歪むだけで、腰にかかる負担は2倍以上になると言われています。その場しのぎの、シップや痛みどめでは姿勢は治りません。そこに大きな原因があるのです。

ぎっくり腰の施術方法|淀川区十三 ばらんす骨盤整骨院

ぎっくり腰改善の5つのステップ

1、ヒアリング

まずはぎっくり腰に対して、ヒアリングをしっかりさせて頂きます。

しっかりヒアリングすることで、患者さんのことを知る事が大切だと考えています。

2、検査

そして徒手検査と姿勢分析によって患者さんの体をしっかり診させて頂きます。

そこで、骨格のズレや、腰の歪みを診ていきます。

3、説明

ヒアリング・検査をした上で、患者さんの悩みや不安が解決できるかを説明させて頂きます。

ぎっくり腰で座っているのもつらい場合は、すぐに施術をします。

4、施術

ぎっくり腰の場合は、筋肉の硬さ、骨格の歪み。筋膜の硬さ、インナーマッスル弱りが原因となることが多いです。施術により、足から骨盤、背骨、腕、首のゆがみを矯正していきます。必要ならはり灸も行います。

そして、今後2度とぎっくり腰にならないよう、最大限の治療を提供させて頂きます。

5、治療計画

施術後に何が原因なのか、姿勢の悪いクセはなんなのか、セルフケアはどうすれば良いのか、どれくらい通えば良いのか、、、などその方にあったプランを提供させ頂きます。

当院の施術は、一人一人違った、オーダーメイドの治療です。

お問い合わせ

ばらんす骨盤整骨院

外観

0120-864-103

住所
大阪市淀川区十三本町1-13-12
診察時間
午前 9:00~12:00
午後 15:00~19:30
※土曜日は午前診(9:00~13:00)のみ

受付時間

ばらんす骨盤整骨院

外観

0120-862-550

住所
兵庫県尼崎市神田中通4-88-2
診察時間
午前 9:00~12:00
午後 15:00~19:30
※土曜日は午前診(9:00~13:00)のみ

受付時間