受付時間

ばらんす骨盤整骨院 0120-864-103

背中の痛み

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 重い物を持ち上げると、背中が痛くなる
  • 首を横に向けると背中にピリピリとした痛みが走る
  • 寝違えなのか、朝背中が痛いことがよくある
  • 背もたれのない椅子に座っていると背中がすぐつらくなる
  • 骨に異常はないと言われたが痛みがいつまでも引かない

背中の痛みの原因とは?|淀川区十三 ばらんす骨盤整骨院

整形外科では、背中の痛みの多くは背中と腰にある関節や、それを支える筋肉・靭帯に負担がかかることで、背中や腰が痛くなると考えています。

これは、無理な姿勢や動きを瞬間的にとったことが原因です。この状態が悪化すると椎間板ヘルニアや筋膜炎、脊柱管狭窄症などを引き起こし、背中だけでなく腰にも痛みが起こるようになります。

しかし、当院では無理な姿勢や動きをしても痛みがない人もいることから、もっと根本的な問題があるからではないか、と考えています。

背中の痛みは、以下のような過程によって起こります。

①姿勢が悪い、立ち方や座り方にクセがある
猫背や反り腰、あるいはバッグをいつも同じ側の肩に掛ける、横座りする、いつも壁や背もたれに体重を預けているといった習慣が続くと、骨盤や背骨が歪んできます。

②インナーマッスルの低下
インナーマッスルとは身体の奥にある深層筋の総称で、全身に分布しています。内臓を作る平滑筋や心臓を作る心筋があり、これらは無意識のうちに動き、自分の意思ではコントロールできません。大きな筋肉の働きを助ける働きがあり、インナーマッスルが鍛えられていれば姿勢も良くなりますが、逆に姿勢が悪ければどんどん低下し、姿勢はさらに悪くなっていきます。

③筋肉の緊張
インナーマッスルが低下した身体を支えるのはアウターマッスル(表層筋)です。しかし、内側からの支えがない上に姿勢の悪さで骨盤や背骨が歪んでいるため、筋肉が常に緊張して硬くなってきます。するとその下にある神経や血管を圧迫し、痛みやむくみ、だるさなどが起こって来るのです。

当院の背中の痛み治療方法|淀川区十三 ばらんす骨盤整骨院

背中の痛みで整形外科やマッサージに通う人は少なくありません。しかし、湿布や痛み止め、牽引、電気治療などが主で、その場では良くなってもすぐに痛みがぶり返します。その理由は、背中の痛みの根本原因を治療せず、痛みを一時的に消しているだけだからです。

当院では、背中の痛み=背骨の歪みや骨格のずれと考えています。それによって筋肉や筋膜が硬くなり、インナーマッスルが使えなくなっているのです。

そこで、患者様の悩みを詳しくお聞きしつつ姿勢のクセを観察し、さらに実際に全身を触診して問題点を見つけ出します。その後、バランスの乱れを足、骨盤、背骨、腕、首などの矯正によって整えていきます。

また、姿勢を悪くしている原因によっては鍼灸を使用し、内臓機能を高めたり血行を良くしたりすることで、施術の効果を高めることも行っています。

さらに、背中の痛みを発生させる原因が何なのか、姿勢の悪さがどう影響しているのかを詳しく解説し、自分でできるケア方法をお教えしています。ご自分で少し意識するだけでも、施術の効果が出やすくなるのです。

背中の痛みを何とかしたいと思っている方は、オーダーメイド治療で高い効果をあげている当院にぜひご相談ください。

お問い合わせ

ばらんす骨盤整骨院

外観

0120-864-103

住所
大阪市淀川区十三本町1-13-12
診察時間
午前 9:00~12:00
午後 15:00~19:30
※土曜日は午前診(9:00~13:00)のみ

受付時間

ばらんす骨盤整骨院

外観

0120-862-550

住所
兵庫県尼崎市神田中通4-88-2
診察時間
午前 9:00~12:00
午後 15:00~19:30
※土曜日は午前診(9:00~13:00)のみ

受付時間